概要
Scoll To
技術仕様
Scoll To
利用用途
Scoll To
健康
Scoll To
 
Cray X
Scroll Down
German BionicのGray X外骨格スケルトンは、重量物の持ち上げ作業時に、動作をアクティブにシミュレート、強化することで装着者の腰部をサポートします.
 
サポート種別
サーボモーター/アクティブ・アシスト
 
負荷
重量物の持ち上げ/さげ、持ち運び(箱やパレットなど) – 背骨への高い屈折、圧迫やねじれ負荷.
German BionicのCray X はオープンソース・テクノロジーとオープンスタンダードをベースとしたクラウド・ソフトウェア・プラットフォームで動作します。外骨格スケルトン/ パワードスーツからのセンサー・データはプラットフォーム上で集積・匿名化され、解析調査用途で利用可能になります.これらは機械学習やAI機能の基盤となるものです.
 
アシスト・システム
デジタル、スマートウォッチによるコントロール及びEMGアプリケーション

German BionicのCray X 外骨格スケルトン/パワードスーツは、人の知性と、機械のパワーを組みわせた人間-機械システムで、装着者の動作をサポート、強化することにより、作業場での事故や重量負荷による怪我のリスクを低減させることができます. German BionicのCray Xは手作業で商品やツールを操作する方々に向けて設計されており、腰部の圧縮圧力を低減させます.

外骨格スケルトン/パワードスーツは、完全なオートメーションやロボティクス・システムで置き換えが現実的でない人による作業で活躍します. 製造業界や自動車業界での作業プロセスや、建設や運送業界での身体的負荷の大きい作業が含まれます。German BionicのCray X は先進の微小機械コンポーネントと超軽量の人間工学に基づいた運搬システムを採用しています.

技術仕様
German BionicのCray X は先進の微小機械コンポーネント、と超軽量で人間工学に基づいた運搬システムから構成されます。
 
0kg 重量
0h 時間 バッテリー動作時間(最大)
0kg 負荷サポート
 
利用用途
外骨格スケルトンは人の作業が完全なオートメーションやロボット・システムで置き換えが現実的でない環境で効果を発揮します.
生産業界
  • 生産用素材の準備(機械への充填)
  • 機械から素材の取り出し
  • 完成品のパッケージ及び搬送
オートモーティブ業界
  • 生産用素材の準備(機械への充填)
  • アセンブリ
  • 最終部品のパッケージ及び搬送
ロジスティクス業界
  • 棚からの商品引き出し
  • 大小異なるアイテムの構成/分類作業
  • 車両/トラックへの積み下ろし

負荷

重量物の持ち上げ/さげ、持ち運び(箱やパレットなど) – 背骨への高い屈折、圧迫やねじれ負荷.

アシスト・システム

デジタル、スマートウォッチによるコントロール及びEMGアプリケーション

サポート種別

サーボモーター/アクティブ・アシスト
 

健康や、取り込み、ユーザ満足度

 動作の延長、決断の自由度
 Fulfilment of Individual Job Requirements
 受け入れの可能性

動作の延長、決断の自由度

Cray X は装着者の動作をシミュレート/強化することで、動的に身体機能をサポートします. 完全に動作させないことで、筋肉の断絶を防止します。装着者のアクションや決定に影響を与えるものではなく、装着車の能力強化をアクティブに補助/サポートします

Fulfilment of Individual Job Requirements

Cray Xは背中や腰への負担をやわらげ、怪我を防ぎ、持ち上げ能力の補完を行います.

受け入れの可能性

German BionicのCray X のような外骨格スケルトン/パワードスーツは、持ち上げ能力の劣る人々を作業に受け入れられるツールとなり、作業スペースでのジェンダーや年齢のバリアを低減します。
German Bionicの
Cray Xを発注する
営業チームにコンタクト
February 2019

19–21

LogiMat 2019 Stuttgart | Germany
Oktober 2018

23-24

EXO Berlin Adlershof con.vent. Rudower Chaussee 17, 12489 Berlin Germany
April 2019

01–05

Hannover Messe Hannover | Germany