腰痛
Scoll To
生産性のロス
Scoll To
労働環境
Scoll To
 
チャレンジ
Scroll Down

腰痛

国際的に喫緊の健康問題. 世界で約5億4千万人が腰痛に悩まされています.

主に中年の人々に影響があり、平均的には男性より女性、また職業上の身体障害の主因となっています. 作業中の持ち上げ及び搬送時の物理的な歪みが最も頻繁な要因です.
 

生産性のロス

労働安全衛生研究所(BAuA)によると、筋骨格障害(MSD)によりドイツでの23%の病休があり、100億ユーロの生産ロスが想定され、170億ユーロの年間総損失をもたらしています.
Good To Know

筋骨格障害

-
Good To Know

病休によるロス(ユーロ)

生産性のロス
 
0 bn
総損失
 
0 bn

労働環境

2015年の欧州労働環境調査(EWCS)の数値は警告を発するものでした: 32%の欧州の労働者は労働時間の25%を重量物を搬送しています. さらに、42%は自身が苦痛を感じ、また25%の労働時間疲れを感じています.
Good To Know

非人間工学的な姿勢で働いていますか?

常時
 
0 %
全くない
 
0 %
労働時間の3/4
 
0 %
Good To Know

作業中に重量物の持ち上げ、搬送を行いますか?

0 %
労働時間の1/4以上
労働時間の1/4以下
43%の回答者は腰痛を訴えました – 2億5千9百万人の欧州での労働者に対して、1億1千万に相当します.
 

この数値は人口の老齢化と生産の技能労働者の不足にダイナミックに影響します. ケースによってはフォークリフトやクレーンによる援助が労働者の状況を改善します. しかし、そうした静的な援助は現実的には柔軟性に欠け、導入コストが比較的高いものです.

また、作業環境はすべての仕事をロボットによって実現するには程遠い状況です. 初期の重要なレッスンとしては、すべての種類の人の作業は経済的にすべてオートメーション、またはロボットシステムで置き換えることは困難です. これこそが外骨格スケルトンが役に立つ – ロジスティクスでの重量物の持ち上げや、介護セクター、生産ラインなどの領域です.