経営陣
Scoll To
プレスリリース
Scoll To
ダウンロード
Scoll To
ニュース
Scoll To
採用情報
Scoll To

ドイツ生産

GBS German Bionic Systems GmbHは本社をアウクスブルクに置き、ベルリンと東京に拠点を持つドイツのメーカーで、産業生産およびロジスティクス用の外骨格スケルトンを開発・製造しています.

German BionicのCray Xモデルは、物と工具の取り扱いのために特別に設計され、腰部の圧縮圧力を減少しつつ、重量物を持ち上げることができます. Dr. Peter Heiligensetzerのリーダーシップのもと、弊社はインダストリー4.0での人の役割を調査し続けています.

インテリジェントな人-機械そして、AIシステムの調査を援助するため、German Bionic Systemsはオープンなソフトウェア・プラットフォームを開発しています. 外骨格ロボットのセンサーで収集されたデータは、将来の解析と調査に向けて利用可能になります.

経営陣のご紹介

Nokia HERE創業者兼元CEO. 業界をリードするテクノロジー企業を30年以上にわたって経営.

Michael Halbherr 会長兼共同創設者

音楽ストリーミングサービスAupeo及びIoTプラットフォームATS創設者兼元CEO、HERE Technologies元シニア・ダイレクター.

Armin G. Schmidt CEO兼共同創設者

人-ロボット・コラボレーションのエキスパート. 元KuKA出身、MRK-Systeme創設者.

Dr. Peter
Heiligensetzer
CTO兼創設者

ロンドンでのリーマン・ブラザーズで投資銀行業務でキャリアをはじめ、前職はEYでのM&Aアドバイザー.

Nicholas Barclay-Steuart ヘッド・オブ・ファイナンス

テクノロジーPRのスペシャリスト. Frische Fische元オフィス・ダイレクター、Mozilla元パブリック・アフェア、Aupeo及びATS元コミュニケーション・リード.

Eric Eitel ヘッド・オブ・コミュニケーションズ

ビジネス及びエコシステム・デベロップメントのエキスパート。スマートデバイス、組み込みソフトウェア及びモビリティーのフィールドで20年+の経験を持つ.

Hideo Yamashita Director Japan

B2Bセールスのエキスパート. メルセデス・ベンツでキャリアをはじめ、オートモーティブ・コンサルティング業を創設、前職ではオートモーティブ・ディストリビューターでキー・アカウントマネジメントを担当.

Christian Voss ヘッド・オブ・セールス

プレスリリース

Contact for Press Enquiries

Eric Eitel

Head Of Communications

+49 (0)175 167 08 91

ee@germanbionic.com

  • 11 9月

    受賞歴のあるパワースーツ「Cray X」 が日本で販売開始 – 外骨格ス…

    詳細を確認
    30 8月

    Management: Armin G. Schmid…

    詳細を確認
    12 4月

    Exoskeleton for Production: Debut of the Ge…

    詳細を確認
    10 1月

    German Bionic CRAY X: First Exoskelet…

    詳細を確認
  • 4 4月

    Exoskeletons in smart production environments: German Bionic S…

    詳細を確認

ニュース

German Bionicのアップデートを確認 – German Bionicはテクノロジーのイノベーションにより将来の作業を安全なものにしていきます.

採用情報

継続的な成功には聡明な気持ちが基礎となります. German Bionicがクリエイティブでハードワーキングなタレントを探している理由です.
Laura Schmitz | プロジェクト マネージャー
German Bionicでは、広範なチームの中で自主的でクリエイティブに働くことができます. 自律性よりいいものはないでしょう?
Ramon Neugebauer | 機械設計
若くてダイナミックなチームに私の経験を補完することで、我々は最善の結果をもたらすことができます.
Kassandra Bauer | バイオメカニクス及びエルゴノミクス開発
理学療法士として、非常にイノベーティブな外骨格ロボットの共同開発を通して、自身の経験を全く新しいテクノロジー分野に適用でき、多くの労働者のクオリティ・オブ・ライフを確かなものにできています.
あなたとお話しするのを
楽しみにしています.
コンタクト