軽量製品を専門とするムベアとエクソスケルトン開発のGerman Bionicが提携

ドイツのトップ自動車部品サプライヤーが、技術的リーダーであるGerman Bionicのスマート・パワースーツを将来的に世界市場向けに生産へ

The smart, fully-connected Cray X exoskeleton from German Bionic

アウグスブルク/アッテンドルン, 29.08.2022 − スマート・パワースーツの開発で世界的な技術的リーダーであるGerman Bionicと、ドイツのトップ自動車サプライヤーであるムベアは、広範囲にわたる協業協定を結びました。ムベアは、ドイツのアッテンドルンに本社を置き、さらに20カ国に44の拠点を持つオーナー経営によるファミリー企業で、革新的な軽量製品の開発・製造及び製造技術を専門としています。ムベアは、ロボット型エクソスケルトンの開発で世界をリードする同社の生産を開始することで、2030年までに125億ドルの市場規模が予測される、将来的に極めて有望な新分野に参入します。

”ムベアは、高品質の軽量コンポーネントのスペシャリストで、多くの製品で’隠れたチャンピオン’として世界市場をリードしています」と、4代目となるファミリー経営のムベア社を率いるマネージング・パートナーのトーマス・ムーア博士は述べます。”過去数十年にわたり、当社はボディ、シャシー、パワートレインの製品で自動車産業をリードするサプライヤーに成長しました。German Bionicとともに、現在、マイクロ・モビリティの新しい事業分野を拡大し、将来的にはロボット型エクソスケルトンの分野も取り込んでいきます。”

Mubea: Specialist in high-quality lightweight components

”German Bionicは、ムベアと同様に、まだ発展段階ですが世界的に需要の高いハイテク製品で成果を上げているドイツ企業です。しかし、我々のスマートCray Xパワードスーツは、すでに市場で最も進んだロボット・エクソスケルトンです”と、German BionicのCEO兼共同創業者であるアーミン・G・シュミット氏は述べます。”私たちの最先端の “ドイツ製”テクノロジーに対する世界的な需要の増加に伴い、私たちは現在ムベアとのパートナーとともに、米国、欧州、日本という成長市場に向けて生産規模を拡大しています。”

システム・クリティカルなインフラにおけるエクソスケルトンの世界的な需要の高まり

German Bionicは、年初にラスベガスで開催されたCESで、成功したロボティック・エクソスケルトンの第5世代”Cray X”を発表し、米国市場への参入を果たしました。それ以来、このドイツのハイテク企業は、北米で着実な成長を遂げています。日本や英国にも拠点を置き、特に肉体労働の分野で人口動態による構造的な労働力不足に悩む西側先進国を対象に、ロボティクス事業を展開しています。スマート・パワースーツは、労働環境を改善し、過度の緊張やそれに伴う怪我や病気の発生を防ぐために設計されています。German Bionicのエクソスケルトンは、物流や生産、医療など、いわゆるシステム・クリティカルな インフラで特に高い需要があります。ムベアは、今後増大する需要の確保に貢献することになります。

 

ムベアについて
ムベアは、自動車、航空宇宙、マイクロモビリティ・ソリューションにおけるイノベーティブな軽量化のスペシャリストで、2021年の総売上高は24億ユーロ、世界44拠点で14,000人を超える従業員を擁しています。何世代にもわたる持続可能な経営手法、迅速かつ柔軟な意思決定、クラス最高の軽量化ソリューションを提供する技術イノベーション、これらすべてがムベアを隠れたチャンピオンにする要因となっています。ムベアは、ボディ、シャシー、パワートレイン分野の自動車部品のほとんどを開発・生産するグローバル・マーケットリーダーです。さらに、ムベアは航空宇宙分野や産業分野、そして2021年からはマイクロモビリティ分野の製品でも活躍しています。

German Bionicについて
アウグスブルク、ベルリン、東京、ボストンに拠点を持つGerman Bionicは、スマート・パワースーツを開発・生産する欧州初の製造企業です。エクソスケルトンは、装着者の動きをサポート、強化することで、人間の知性と機械のパワーを融合させたヒューマン・マシン・システムです。German BionicのCray Xは、世界初のコネクテッド・エクソスケルトンです。スマート・ファクトリーとつながり、自己学習して持ち上げ動作を強化し、誤った姿勢を防止することで、人間と機械をつなぐインテリジェントな存在になります。このTÜV認証のロボット機器は、作業員の健康を守り、事故のリスクを低減し、作業工程を定量的に改善する能力を明確にするデータを提供します。インダストリー4.0の焦点に人を戻したこの革新的な技術が認められ、German BionicとCray Xは、バイエルンとドイツの起業家賞、Land of Ideas、Automatica賞など数々の賞を受賞し、ハノーファーメッセの権威あるHermes賞にもノミネートされています。