職場の健康と安全 : German BionicがAIベースのエルゴノミクスを人による作業の早期警告システムを導入

スマート・セーフティ・コンパニオンにより、持続可能で責任ある企業ガバナンスを

2021年8月18日、アウグスブルグ – ロボティック・エクソスケルトンの欧州にお受けるテクノロジーリーダーのGerman Bionicは、Cray Xパワースーツに更なるインテリジェント機能を導入しました。新しいスマート・セーフティ・コンパニオン早期エルゴノミクス警告システムにより、人による作業の個別且つインテリジェントな持ち上げ動作の安全モニター及び最適化を可能にします。クラウドベースのソフトウェア・ハーネスAIと機械学習により、従業員の健康面のリスクを特定、アン艶な注意を規定、作業プロセスを改善します。職場での健康と安全を持続可能な形で増強、ビジネスプロセスの最適化と効率性の最大化を確保します。

より効率的で健康駅な従業員による持続可能なビジネスのパフォーマンス

「German Bionicの製品開発のフォーカスは常に人々の幸福にあります」とGerman BionicのIoTヘッド、Norma Stellerは話します。「我々の最新のイノベーション、スマート・セーフティ・コンパニオンは職場のエルゴノミクスを革新、疲労起因のミスと戦い、それに伴う怪我やほかの重傷を予防します」と続ける。

この包括的なアプローチにより、German Bionicスマート・セーフティ・コンパニオンはリアルタイムのエルゴノミクスのノウハウをそれが最も必要とされる場所で適用します。広範囲にわたるレポート機能は導入された職場の健康と安全手段の有効性の概要を即時に確認いただけます。これにより、従業員とビジネスの新しい潜在的なパフォーマンスを導き、継続可能なビジネスとESGマネジメントを従業員から直接開始することができます。

エルゴノミクス保護と疲労の低減

クラウドベースのスマート・セーフティ・コンパニオンはすべてのコネクテッドCray XにOTAアップデートにより利用いただけます。インテリジェントでリアルタイムのエルゴノミクス初期警告システムとして働き、人による作業での正しくない姿勢と持ち上げテクニックを予防し、過度の負担のサインを警告、疲労に伴うミスと怪我を予防します。

持ち上げ作業を行う方のデジタルツインと呼ばれるようなリアルタイム・データの利用により、好ましくない不可、危険な反復作業、危険な動作や、まずい姿勢を警告します。さらに、ソフトウェアが疲れの症状を検出、警告し危険な負荷を避け、正しい姿勢と持ち上げをアドバイス、休憩の推奨を提供します。簡易なストレッチ・エクササイズは従業員を健康且つ生産的に維持する予防的な方法を提案します。

より効率的で健康駅な従業員による持続可能なビジネスのパフォーマンス

German Bionicのシステム・ソリューションはGerman Bionic IOクラウド・ロボティクス・プラットフォームとインテリジェントCray Xパワースーツからなります。
「このシステム・ソリューションを適用することで、企業は従業員に価値を置いていることを明確に示すことができます」とGerman Bionic CEOのArmin G.Schmidtは伝えます。「従業員を職場と個人の暮らしにおいて、ベストな状態でサポートし、高齢化する労働力と、競争の激しい労働市場において、企業のESGスコアと従業員への魅力を増大します」と続けます。

 

German Bionicについて

German Bionicは、Samsung Catalyst Fund、Storm Ventures、そしてCovid-19のワクチン開発のBioNTechへ投資しているMIGなど著名な国際的なテクノロジー投資家から支援を受けています。ドイツ・ファウンダー・アワード、“Land der Ideen”(ランド・オブ・アイデア)、Automaticaアワード、ハノーファー・メッセでの有名なエルメス賞へのノミネートを始め多くの発行物や受賞を受けています。

German Bionic Cray Xは世界初のコネクテッドパワースーツです。スマートファクトリーへ接続、持ち上げ動作の強化、悪い姿勢の抑制を自己学習し、人と機械のインテリジェントなリンクとなります。従業員の健康を守り、事故によるリスクを低減するための計測可能なデータが提供され、職場の改善に定量的なデータとなります。