BMWダルムシュタットの拠点で従業員を力づける

25.09.2019
Cray Xエクソスケルトン/パワースーツをドイツの工場でテスト導入.
German Bionic Cray X
German Bionic Cray X

ダルムシュタット、ドイツ。BMWよりコネクテッド、インテリジェント且つ安全になっているのは、車両だけではありません。先進のテクノロジーがBMWのダルムシュタット拠点では利用されています。ジーゲン大学との協同により、エクソスケルトン/パワースーツの利用が、現地の工場でテストされています。このような取り組みでダルムシュタットはドイツでの開発の先駆者です。

エクソスケルトン/パワースーツは人の知性と、機械のパワーを組みわせた人間-機械システムで、装着者の動作をサポート、強化します。エクソスケルトンは人間をスーパーヒーローに変える働きをするものではなく、肉体労働をサポート、過度の負担による怪我を低減させ、職場での事故を予防するものです。

ロボティクスのスペシャリストGerman Bionicのインテリジェント・パワースーツはテスト期間に利用されています。アウグスブルグ本社でベルリンと東京に拠点を置くGerman Bionicはドイツで初の産業用環境で利用可能なエクソスケルトン/パワースーツの開発/量産メーカーです。German BionicのCray Xはバックパックのように装着し、調整可能なストラップによりほぼすべての体形にフィットします。従業員の動作に自然に適応し、作業現場に影響を及ぼさずに増強します。同時に、人の動きに影響を及ぼしません。Cray Xは手作業で商品やツールを操作する方々に向けて設計されており、人間工学的でない姿勢での持ち上げ動作時に動作を模倣/強化することで、腰の負担を最大25kg相当の低減します。

結果として、エクソスケルトン/パワースーツの導入は拠点でのタイヤ交換シーズンの従業員の肉体的な負担を低減し、長期的な従業員の健康を保護するものです。同時に1台のエクソスケルトンはジーゲン大学との協同による研究の一環として、肉体的な負担が要求される職場でアクティブ・エクソスケルトンの従業員への影響を評価する目的で、実際のコンディションでテストされます。一つすでに確かなこととしては: インダストリー4.0はBMWダルムシュタット拠点ではすでに日々のルーチンの一部となっています。

May we help you?
コンタクト
-
Twitter
BMWはダルムシュタット拠点で従業員に力を – タイヤ交換時期の肉体的負荷を、エクソスケルトン/パワースーツにより労働者の腰への負担から解放: https://t.co/oJX15kBzva. #エクソスケルトン #パワースーツ… https://t.co/D2TqeyKZzn
BMW is giving its employees at the Darmstadt branch added strength – exoskeletons are providing relief for the work… https://t.co/RBYGpYR1nS
Die BMW Niederlassung Darmstadt stärkt Mitarbeiterinnen und Mitarbeitern den Rücken - Exoskelette entlasten spürbar… https://t.co/Z6qetcBlbO